ホーム > ブログ > テクニック > JimdoにTwitter のタイムラインを埋め込み表示する

JimdoにTwitter のタイムラインを埋め込み表示する

Twitter のタイムラインをJimdoのホームページに表示させたい場合は、Twitter 社が提供する埋め込みタイムラインウィジェットを利用して表示できます。

「埋め込みタイムラインウィジェット」で生成したコードを、Jimdoのウィジェット/HTMLに貼りつけると、Jimdoのホームページに Twitter のタイムラインを表示することができます。 

以下、そのやり方です。

1、最初はTwitter側の作業です。
Twitterの埋め込みタイムラインウィジェットの https://publish.twitter.com/ に移動して、埋め込みたいTwitterユーザーのアドレスを入力し、その右側にある「→」ボタンをクリックします。

2、左側の「Embedded Timeline」をクリックします。

3、何もせずに「Copy Code」ボタンをクリックして、埋め込み用のコードをコピーすると、かなり長いタイムラインが埋め込まれてしまうのでカスタマイズします。
「set customization options.」をクリックします。

 

4、とりあえず「Height」を「1000」くらいにしてUpdateボタンを押します。

 

5、Copy Codeボタンを押して、Twitterのタイムラインの埋め込みコードをコピーします。

 

4、次にJimdo側の作業です。
Jimdoにログインし、タイムラインを埋め込みたい場所にウィジェット/HTMLを追加します。

5、開いた「ウィジェット/HTMLウィンドウ」に5、でコピーしたTwitter埋め込み用のコードを貼り付けます。保存を押して、Twitterのタイムラインが表示されていることを確認してください。
高さを調整したい場合は、また3、の「set customization options.」ボタンをクリックして、サイズを入力し直してください。

 

※そのままだと多分大きすぎるので、カラム機能で枠幅を調整した方が見栄えがいいかもしれません。

以上です!